素材を選ぶ|バックパネルや紙袋でPR|デザインまでオーダー可能
男性

バックパネルや紙袋でPR|デザインまでオーダー可能

  1. ホーム
  2. 素材を選ぶ

素材を選ぶ

立て看板

良質な木製看板の価格

木製看板の制作を注文する店舗は増えていますが、素材が木の場合は雨や風にさらされると劣化するため加工が大事で、特に海辺に近いお店に木製看板を掲げる場合は風や雨に塩分が含まれるため加工しなければ長期間の使用はできません。木製看板はベースになる木材はケヤキやクスノキなどの選ぶ木材で値段が上下しベースの木材の料金と加工の値段が加算されるシステムの制作会社が多い傾向にあります。木製看板の加工は水分を通さず防腐、腐食、防虫の効果のある液体をベースになる木材に浸透させる加工で、この加工によって長期間の使用が可能になります。加工の際の平均的な価格は縦横の合計が500mmから700mmの間では4500円程度、縦横900mmから1000mmでは6500円程度の加工料金が一般的です。

高品質で品と個性を表す

木製看板はその店の品を表し自然で控えめな美しさが好まれており、この美しさをより表現するためにはベースとなる木材選びが重要です。ベースの木材で人気でよく使用される木材はケヤキで、素材が堅いため耐久性や摩耗性が高く、伐採し乾燥し枯れるまで長い年月を要するため大きく自然に反る美しさが人気で木目の美しさも好評の木材です。ヒノキ材は粘りのある材質で強度も耐久性もある木材で、光沢のある木肌とアロマテラピーでも使用されるヒノキ独特の香りが人気の木材です。クスノキは木目のグラデーションが人気で上品な雰囲気を出したい店舗の方に好評で、厳島神社の大鳥居にも使用されている木材のため雨や風、潮風への耐腐性にも特化しているため人気です。