看板の制作|バックパネルや紙袋でPR|デザインまでオーダー可能
男性

バックパネルや紙袋でPR|デザインまでオーダー可能

  1. ホーム
  2. 看板の制作

看板の制作

インク

設置場所を決めておく

立て看板の種類はとても多く、形や大きさによって価格が変動します。A型やR型、T型など形状も様々であり、同じポスターやイラストを掲示や印刷した場合でも、印象は大きく異なります。また、スペースも変わってくるため、予め設置場所を確認しておくことをお勧めします。さらに、LEDなどを使用した立て看板を購入したい場合は、電源を必要とするものなのか、必要な場合はどこから取るのかなども確認が必要です。立て看板は多くのものが、薄くて風の抵抗に弱いものばかりなので、設置場所によって倒れやすくなります。万が一、強風等で倒れたり、飛ばされたりして、怪我人や器物損壊などが起きては大変です。そんな時に備えて、立て看板を抑える重石の役割があるものも同時に購入しておくことをお勧めします。

多くの会社が印字の依頼も可能

立て看板を使用する際に、自身が作成したポスターやチラシを添付するだけであれば、気に入った形や大きさの立て看板を注文すればよいでしょう。しかし、看板に直接プリントしたい場合は購入時に、デザインの入稿をすると、表面を製作してから、送付してくれます。ポスターやチラシを貼るメリットはいつでもその時にあわせて、お知らせを変えられることです。しかし、その必要がない場合の立て看板であれば、直接表面を加工してあるほうが、見た目も美しくなります。予め、立て看板の表面を加工する場合は別途料金が発生するので、予算などに合わせて、購入を検討するといいでしょう。また、現在はホワイトボードタイプや黒板タイプの立て看板も販売されているため、手書きで看板を作ることも可能です。使用する場所や希望のイメージにあわせて、購入することをお勧めします。